楽しいイベント情報発信サイト

全国津々浦々楽しいイベントインフォメーション

横浜開港祭の魅力

横浜というと、皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか。お洒落な雰囲気、どこか外国的なイメージ、港町、などなど、人によって色々思い浮かぶことはあるかと思うのですが、多くの人が共通して思い浮かべるのは「異国情緒」的なイメージではないかと思います。現在の横浜の印象というのは、やはり横浜が港町であり、港が外国に向けて開いていたからこそ積み重ねられたものと言えるでしょう。今回の記事では、そんな港町・横浜のお祭り、横浜開港祭について触れていきたいと思います。横浜港は、1859年に開港されました。その年にはそれを祝ったりするようなことはありませんでしたが、その翌年、山車などで開港1周年を祝う催しがおこなわれたのです。それが横浜開港祭のはじまりとなっていて、現在では6月2日が開港記念日と定められています。そして横浜開港祭は現在、毎年6月2日とその前後に横浜市内で開催されるイベントです。主催しているのは「横浜開港祭協議会」という団体ですが、これは横浜市や横浜商工会議所・横浜観光コンベンションなどが共同でつくったものです。横浜開港祭というシンプルな名前からして、昔から受け継がれてきたイベント名のように思えるのですが、実はそうではなく、この名前になったのはごく最近とのことです。現在のような形でイベントが催されるようになったのは1981年のことですが、そのときのイベント名は「国際デープレ横浜どんたく」というものだったそうです。すごく覚えづらい、そして言いづらい名前ですね。そしていくつかのマイナーチェンジを経て1993年には「横浜どんたく開港祭」に変わり、現在の「横浜開港祭」に行き着いたのは1995年のことだったそうです。最近では毎年70万人を動員する全国最大級の一大イベントとなり、横浜市民には横浜に夏を告げるイベントとして親しまれているようです。その開催スケジュールを見てみると、開港を祝うライブパフォーマンスや美しいキャンドルを使った企画、スタンプラリー、世界各地の美食が集まったワールドグルメ、その他子どもが楽しめるようなイベントなどなど、とても一日では回り切れなそうなほど、さまざまな企画が目白押しとなっていることがよくわかります。横浜ならではのクルーズを体験できる企画や、船の限定公開など、開港祭と呼ぶに相応しい企画ももちろんたくさんあります。さらにそれ以外にも、手作り体験ができるブースや動物とふれあえるブース、エコについて考えさせられるブースなど、本当に幅広いイベントとなっているので、家族みんなで出掛けるにも、友達同士やカップルで行くにも、思い思いの楽しみ方が出来るイベントとなっていそうです。

 

中期中絶となると母体への影響や手術費用など、初期の頃とはだいぶ変わってきますので、中期中絶の費用についてはある程度、事前に知っておくと心強いです。万が一、急に妊娠をして中絶手術を行うことになった場合に、費用を用意できない人がまりに多いので注意しましょう。